築堤推進要望

25日から26日にかけて、国土交通省及び財務省に吉野川堤防建設促進についての要望活動にいってきました。

暴れ川として知られた吉野川も、様々な治水事業によって、現在は以前のイメージから姿を変えて、比較的穏やかになってきました。

しかしながら近年の気候状況の変化もあり、無堤地区においては未だ台風などの豪雨時には洪水の恐れがあり、早急な河川整備が必要となっています。

このような状況のなか、東みよし町では少しでも早期に無堤地区を解消するため、毎年国土交通省に築堤の要望行っています。

今回も例年と同様、国土交通省と財務省、更に徳島県関係の国会議員の方々に要望活動を行ってきました。

私も既に概成した三庄地区の加茂第一堤防について、堤防の整備の進行とともに、整備完了した地区では世帯数が増加したことについて、明らかな堤防のストック効果であると申し上げ、第二堤防についても同様の効果が期待できるとの意見をもうしあげました。

吉野川の整備計画では、本年6月の整備計画変更において、今後10年以内に無堤地区解消にむけた築堤工事着手が盛り込まれるなど、整備の早期実現に光がみえてきた状況です。

要望活動においても継続の重要性を再認識し、今後も継続して要望していくことの必要性を強く感じました。

松浦 明人's Dream

東みよし町議会議員 松浦明人のサイトです・・・ 平成24年に設立した徳島の若手地方議員グループ【ネクストドア徳島】で仲間たちと連携や情報交換しながら、東みよし町に新しい風を吹き込めるよう活動しています。 平成28年3月議会において設置された「議会改革特別委員会」の委員長に就任いたしました。

0コメント

  • 1000 / 1000